運用成績公開中

2022年5月 資産総額:1,944万円(先月比+38万)

2022年5月の資産状況を公開していきます。

総資産2,000万円まであと56万円に迫ってきました!

先月の資産状況に関しては、以下の記事をご覧ください。

【30代会社員の資産】2022年4月 資産総額:1,905万円(先月比+5万)2022年4月の資産状況を公開していきます。 先月の資産状況に関しては、以下の記事をご覧ください。 https://www....

2022年の投資方針はこちらで紹介しています。

【高配当株&配当再投資戦略】2022年の投資方針について2020、2021年と2年連続で日米の高配当株投資及び配当金の再投資を行ってます。資産は1年間で300万ずつ増やすことができました。...



2022年5月 資産総額:1,944万円

集計している資産項目は、以下の通りです。

  • 生活費口座(銀行預金)
  • 貯蓄用口座(銀行預金)
  • 日本株式
  • 米国株式
  • 投資信託(つみたてNISA含む)
  • 外貨建てMMF
  • LINE証券(ポイント投資のみ)
  • ジュニアNISA(2人分)

資産形成のため、自身で決めているマイルールは、下記の通りです。

資産形成のマイルール
  1. 【現金預金】
    給与から6万/月、ボーナスから必要経費を除いた額を預金。
  2. 【日本株】
    保有銘柄の配当金は、順次優待銘柄に投資(SBIネオモバイル証券)。
  3. 【米国株】
    毎月3万円(+配当再投資)を第3週金曜日に定期買付け。ポートフォリオ内で最も時価評価額が低い銘柄に再投資(楽天証券)。
  4. 【投資信託】
    毎月5万円を楽天カード決済で積み立て実施中。

    • eMAXIS Slim S&P500:33,333円/月【つみたてNISA】
    • eMAXIS Slim 全世界株式:16,667円/月【特定口座】
  5. 【LINE証券】
    LINEPayクレジットカード(LINEPay)などで貯まったLINEポイントのみで運用。自己資金は一切使わない。投資日より最短で配当権利日を迎える銘柄を優先して投資。
  6. 【ジュニアNISA】
    80万円/年×2人分を3年間投資(2021~23、トータル480万円入金予定)

現金(生活費口座+貯蓄用口座)

現金保有額は先月+31,485円の511万で推移しています。現金の傾向としては、ボーナス月以外はほとんど横ばい状態です。笑

というのもジュニアNISAへの資金拠出が重しとなっているからです。ただ、ジュニアNISAは来年までなので、耐え時と割り切って捻出していきます。

株式(日本株・米国株・LINE証券)

株式資産(日本株・米国株・LINE証券)は、先月比+259,139円、評価額966万円で推移しています。

SBIネオモバイル証券で運用している国内株、楽天証券メインで投資している米国株、そしてLINEポイントのみで運用しているLINE証券にて買付け中の国内株、いずれも堅調に評価額が推移しています。

グラフをみるとポイント投資を実施しているLINE証券の資産額(緑色)が、だんだん大きくなって存在感を増しているのがわかります。ポイント投資侮れないです!

損益状況は、トータル211万の含み益です(日本株:+117万 米国株:+88万 LINE証券:+5万)。※

※2022年5月28日時点

株式投資は、4つの証券口座で保有しています。

日本株:SBIネオモバイル証券LINE証券PayPay証券

米国株:楽天証券

日本株の取引きで使用している証券会社は、いずれも1株から売買できますので、少額投資には使い勝手の良いオススメのサービスです。

日本株

5月はアステナホールディングスを単元化しています。株価も400円台なので単元化しやすい銘柄です。

次の単元化候補の優待銘柄として、ライオンもちょびっと購入しています。

6月は3月本決算銘柄から配当金が入ってきますので、引き続きライオンを買い増していこうと思います。

米国株

5月の定期買付けとして、時価評価額がポートフォリオ内最下位だったXYLDを5株購入しています。現時点での予想として、6月はVIGを購入することになりそうです。

国内株も米国株も石油関連銘柄が絶好調です。エクソンモービル【XOM】の含み益が突出しています。

LINE証券(ポイント投資専用)

ライオンを2株買い増したことにより、保有銘柄数は32となりました。

ポイント投資でコツコツ買い増し、自己資金と組み合わせてライオンを単元化していく予定です。

ポイ活とポイント投資の組み合わせって、資産形成に相性抜群だと思っています!

【ポイント投資のみ】LINE証券開設から1年後の資産は〇〇円!2020年5月にLINE証券を開設してから1年が経過しました。自己資金を一切使わず、日々貯めているLINEポイントのみで運用しています。今回は、ポイント投資×LINE証券の運用を1年継続した結果をお伝えしていきます。...

アステナホールディングスもLINEポイントで30株購入し、単元化&優待権利獲得に貢献してくれています。

投資信託

楽天カード決済による積み立て投資を実施中です。

先月比+17,128円の200万円で推移しています。米国株式指数が不安定な状況もあり、ここ5ヶ月間は停滞気味です。個人的には絶好の買い場と捉えており、引き続き積み立てを続けていきます。

ジュニアNISA

先月比+43,737円の265万円で推移しています。

2021年6月から開始したジュニアNISA(2人分)ですが、2021年分は満額、2022年分として50万円/人(計100万円分)を証券口座へ入金済みです。

ジュニアNISAは、下記の組み合わせ(2名とも同じ)にしています。

  • オリックス:100株
  • 日本取引所グループ:100株
  • キリンホールディングス:100株
  • eMAXIS Slim全世界株式

先月同様、日本取引所グループの株価が冴えないですが、優待銘柄としては貢献してくれています。笑

オリックスはまさかの優待廃止でしたが、今年も含めあと3回はカタログがもらえますので有難く頂戴したいと思います。

【まとめ】2022年5月の資産推移

先月比の増減額:+388,993円

【内訳】

  • 生活費口座:-28,515円
  • 貯蓄用口座:+60,000円
  • 日本株:+185,181円
  • 米国株:+89,666円
  • 投資信託:+17,128円
  • 外貨建てMMF:+1,504円
  • LINE証券:+20,292円
  • ジュニアNISA:+43,737円

節目の2,000万円まで射程圏内となりました。仮にこのままの調子でいければ、7月末には達成できるかなと思いますが、早くアッパーマス層にたどり着きたいところです。

現ポートフォリオでの年間配当金は、税引前で50万です。

配当金の再投資は引き続き行い、毎年、毎月の受領配当金を伸ばしていきたいですね。

以上、2022年5月の資産状況公開でした。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

LINE証券(口座開設無料)

  1. 1株単位で数百円から株が買える
  2. LINEポイントを使って投資ができる
  3. 業界最低水準の取引コスト
  4. 平日21時まで取引できる
  5. 申込から最短翌営業日で口座開設できる

コインチェック(口座開設無料)

東証一部マネックスグループのグループ会社。
初めて仮想通貨を買うならCoincheck!
2020年上半期国内仮想通貨取引アプリDL数No.1!
金融庁登録済の暗号資産取引換業者。

  1. 国内最大級の16種類の仮想通貨を取扱い
    L全取扱通貨で500円から購入可能
  2. 初心者でもスマホアプリから簡単取引
    L仮想通貨アプリ、国内最大級の326万DLを突破!


ABOUT ME
Lee
製薬会社勤務、現役MR。 サラリーマンの給与に限界を感じ、2018年から資産運用(日本株・米国株・投資信託)を開始。2020年8月から、ブログを開設。サラリーマンの資産形成について触れていきます。
こちらの記事もおすすめ