運用成績公開中

【30代会社員の資産】2021年11月 資産総額:1,613万円(先月比+62万)

2021年11月の資産状況を公開していきます。

先月の資産状況に関しては、以下の記事をご覧ください。

【30代会社員の資産】2021年10月 資産総額:1,551万円(先月比+57万)サラリーマンの❖Hanaabです。2021年10月の資産状況を公開していきます。今月で資産が1500万円台に復帰しています!...

2021年の投資方針はこちらで紹介しています。

【高配当株投資&配当再投資戦略】2021年の投資方針今回は、保有しているリスク資産に対する2021年の投資方針について、ルール作りをしてみました。...

今月は総資産が1600万円台に突入し、最高値を更新しました!!

 

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ
カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ
開発元:Tecotec Inc.
無料
posted withアプリーチ



2021年11月 資産総額:1,613万円

集計している資産項目は、以下の通りです。

  • 生活費口座(銀行預金)
  • 貯蓄用口座(銀行預金)
  • 日本株式
  • 米国株式
  • 投資信託(つみたてNISA含む)
  • 外貨建てMMF
  • LINE証券(ポイント投資のみ)
  • ジュニアNISA(2人分)

資産形成のため、自身で決めているマイルールは、下記の通りです。

資産形成のマイルール
  1. 【現金預金】
    給与から6万/月、ボーナスから必要経費を除いた額を預金。
  2. 【日本株】
    保有銘柄の配当金を、3・6・9・12月の第3週金曜日に全額再投資(SBIネオモバイル証券)。
  3. 【米国株】
    毎月3万円(+配当再投資)を定期買付け。原則、入金月翌月に配当権利日を迎える銘柄の中で、最も時価評価額が低い銘柄に投資(楽天証券)。
  4. 【投資信託】
    毎月5万円を楽天カード決済で積み立て実施中。

    • eMAXIS Slim S&P500:33,333円/月【つみたてNISA】
    • eMAXIS Slim 全世界株式:16,667円/月【特定口座】
  5. 【LINE証券】
    LINEPayクレジットカード(LINEPay)などで貯まったLINEポイントのみで運用。自己資金は一切使わない。投資日より最短で配当権利日を迎える銘柄を優先して投資。
  6. 【ジュニアNISA】
    80万円/年×2人分を3年間投資(2021~23、トータル480万円入金予定)

現金(生活費口座+貯蓄用口座)

自社株を売却したことにより、先月比+728,549円、半年ぶりの500万円台復活となりました。自家用車の購入、ジュニアNISAへの資金拠出により現金残高が大きく減りましたが、自社株の売却によりやや補填されました。

ちなみに、自社売却の実現利益は10万少々でした。自社株の売り時については様々な考え方があるかと思いますが、私はリスクヘッジのため定期的に売却していくスタイルです。

売却した資金は銀行口座に留めて置き、生活防衛資金として扱う予定です。

株式(日本株・米国株・LINE証券)

株式投資(日本株・米国株・LINE証券)は、先月比-90,986円、保有額730万円で推移しています。6ヶ月連続で右肩上がりの資産評価額でしたが、新型コロナウイルスのオミクロン株関連の報道により、久々の前月割れとなっています。

含み益は辛うじて100万台をキープしていますが、ここ2週間は下落傾向です。

株式投資は、4つの証券口座で保有しています。

日本株:SBIネオモバイル証券LINE証券PayPay証券

米国株:楽天証券

日本株の取引きで使用している証券会社は、いずれも1株から売買できるので少額投資には有難いサービスです。

日本株

相変わらず、INPEX頼みの含み損益状況です。値動きの激しい原油先物価格につられて、INPEXもなかなか株価が安定しません。笑

保有銘柄数は、12銘柄となりました。

11月は優待目当てのヤマハ発動機を8株、ひろぎんHDを1株購入しています。ヤマハ発動機はポイント投資オンリーのLINE証券保有分を合わせると、合計32株保有しています。単元化まであと68株、来年には達成したいところです。

米国株

11月は最も構成比が低率となっていたアルトリア・グループ【MO】を7株買い増しました。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】がスピンオフを発表したことにより、一般口座での管理が面倒なので、保有していた14株すべて売却しSPYDにスイッチしています。

スピンオフを発表した銘柄は、すべて売却し他銘柄(又はETF)へ移し替える方針でいく予定です。いくらなんでも一般口座での管理は手間がかかりすぎて無理なので。

12月は圧倒的に低比率のベライゾン【VZ】を買い増しする予定です。

11月に受領した配当金額は、税引き後$46.87でした。

2021年の累計受領額は、税引き後$783.94となりました。

引き続き、高配当株投資&配当金再投資を継続しながら、配当金を育てていきます。

Line証券

各種ポイントサイトやアンケートサイト、Linepayクレジットカードなどを駆使しながら、獲得したLINEポイントを毎月証券口座へ投入しています。

もちろん、自己資金は一切使用していません!

市場にもよりますが、年内の30万達成はやや厳しいかなと思っています。

現在、21銘柄保有しています。単元化を狙っている優待銘柄(日本取引所G、ヤマハ発動機、ひろぎんHD)を少しずつ買い増しています。隠れ優待でクオカードがもらえるカーブスHDも1株のみ購入しました。

LINE証券は今後もポイント投資専用機として活用し、優待銘柄や高配当銘柄を買い集めていきます。

LINEポイントを獲得しているサービスは、主に以下の4つです。

生活費の決済を還元率2%のLINEPayクレジットカードに集約しています。※

※還元率2%は2022年4月末までです

あとは、ポイントサイトとアンケートを駆使してLINEポイントを積み上げています。※

※マクロミル・モッピー・ポイントインカムで貯めたポイントは、Gポイントというサイトを通じてLINEポイントへ変換できます

ポイント投資も工夫次第ではちょっとした小遣い程度の資産を積み上げられますので、サラリーマンには特におすすめです!

投資信託

楽天カード決済による積み立て投資を実施中です。

11月末時点での資産評価額は、先月比+46,583円の167万円で推移しています。

22ヶ月連続で右肩上がりに推移しますが、機械的に実行しているインデックス投資は安定感抜群です!

ジュニアNISA

6月から開始したジュニアNISA(2人分)ですが、2021年分の上限額を証券口座へ入金済みです。

ジュニアNISAは、下記の組み合わせ(2名とも同じ)にしています。

  • オリックス:100株
  • 日本取引所グループ:100株
  • eMAXIS Slim全世界株式

評価額は先月比-60,575円の165万円となりました。日本取引所グループの株価下落が響いています。

今年の12月には、2022年分の投資資金として上限額の半分となる80万円入金予定です(貯蓄用口座から拠出します泣)。残りの半分は、2022年7月ごろに追加予定です。

【まとめ】2021年11月の資産推移

先月比の増減額:+621,282円

【内訳】

  • 生活費口座:+668,549円
  • 貯蓄用口座:+60,000円
  • 日本株:-53,126円
  • 米国株:-44,730円
  • 投資信託:+46,583円
  • 外貨建てMMF:-2,289円
  • LINE証券:+6,870円
  • ジュニアNISA:-60,575円

11月は62万円分資産が増加しましたが、自社株売却分約70万円が追加されたことを考慮すると、既存の資産は実質マイナスかもしれません。月末付近に市場が下落相場となったことから、リスク資産が軒並み評価額をさげたためです。

現金比率は、先月の31.1%より3%アップの34.1%となりました。

自社株売却資金を現金保有することにしましたので、現金比率の増加は致し方ないですね。

以上、30代会社員の2021年11月資産状況公開でした。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

LINE証券(口座開設無料)

  1. 1株単位で数百円から株が買える
  2. LINEポイントを使って投資ができる
  3. 業界最低水準の取引コスト
  4. 平日21時まで取引できる
  5. 申込から最短翌営業日で口座開設できる

コインチェック(口座開設無料)

東証一部マネックスグループのグループ会社。
初めて仮想通貨を買うならCoincheck!
2020年上半期国内仮想通貨取引アプリDL数No.1!
金融庁登録済の暗号資産取引換業者。

  1. 国内最大級の16種類の仮想通貨を取扱い
    L全取扱通貨で500円から購入可能
  2. 初心者でもスマホアプリから簡単取引
    L仮想通貨アプリ、国内最大級の326万DLを突破!


ABOUT ME
Lee
製薬会社勤務、現役MR。 サラリーマンの給与に限界を感じ、2018年から資産運用(日本株・米国株・投資信託)を開始。2020年8月から、ブログを開設。サラリーマンの資産形成について触れていきます。
こちらの記事もおすすめ